• 納得いくお葬式のための考える時間を確保

    何週間か入院したのちに病室で最期の時を迎え、悲しみに暮れる中、家族はすぐにやらなければならないことがあります。それが遺体の搬出であり、病院は生きている人のものという意識があるため、残念ながら亡くなるとすぐに退出しなければならないのがルールです。


    この時、どう対処すればいいのかといえば、まず必要になるのが寝台車です。

    特別な葬式に対して関心度が高まっています。

    病院の死亡診断書さえあれば遺体の搬出は自家用車でも可能ですが、手間や運び出す家族の気持ちを考えれば現実的ではありません。


    また、寝台車専門の会社は葬儀社と連携しており、一般向けに連絡先を公開していないことがほとんどなので、必然的に葬儀社に連絡することになります。


    もちろん、いつ何時でも電話で受け付けてくれますし、手間もかかりません。

    病院の看護師などに聞けば、寝台車を紹介してくれますが、これは葬儀社を紹介してくれることとイコールだということに注意しなければなりません。

    毎日新聞の情報をあなたにご紹介いたします。

    お葬式を依頼するかどうかは別として考え、まずは遺体の搬送をお願いするというスタンスでいることが大事です。

    また、紹介された葬儀社は病院との契約金が発生していることが多く、その分、葬儀費用が割高になることもあるので注意します。



    一番望ましいのは、事前に遺体の搬送を安心してお願いできる葬儀社を見つけておくことです。


    このケースでもお葬式を依頼する葬儀社ということではなく、あくまでも遺体の搬送をお願いするところを事前に決めておくだけで問題ありません。
    それだけでも焦ってお葬式を依頼して失敗してしまったということを防止でき、考える時間を持てるので納得できるお葬式につながっていきます。