• お葬式をしなくてもかかる費用がある

    人が病院で亡くなり、その際に最低限必要となるお金が発生するものは、寝台車と棺、ドライアイスなどの防腐処置、火葬の費用、骨壺と人件費です。

    葬式関連のノウハウを解説します。

    極端にいえば、この6つが用意できれば、人を集めてお葬式をせずに、火葬場で遺体を火葬するだけというごくシンプルな直葬を行うこともできます。
    病院で亡くなった人の遺体は厳密に言えば、自家用車で運び出すこともできますが、それは現実的ではなく、やはり、遺体を搬送する専門の寝台車を手配する必要があります。

    棺が火葬において必要な理由は、火葬するときには、何らかの入れ物に遺体を入れないと火葬できないという規則があるからです。

    また、遺体は傷みやすいので、防腐処置が必要になります。いざ、火葬となれば、燃料費を含めた火葬場の使用料が発生し、火葬後にお骨を納めるための骨壺が必要です。


    そして、これらを手配、実施するための人手、人件費が当然かかってきます。
    お葬式をすることを自分は望まない、ただ火葬するだけでいいんだという人やエンディングノートや遺言書に、そのような内容を書き残している人もいますが、お葬式をしなくてもかかる費用があることは念頭においておかなければなりません。

    様々な種類の朝日新聞デジタルにアクセスしてください。

    自分勝手の希望だけを残してしまうと、遺された家族は困ってしまうので注意が必要です。また、かかる費用についても、どこから捻出するのかをきちんと記しておくか、生前、家族に希望を伝え準備しておくことが大事になります。



  • 知りたい葬儀事情

    • 何週間か入院したのちに病室で最期の時を迎え、悲しみに暮れる中、家族はすぐにやらなければならないことがあります。それが遺体の搬出であり、病院は生きている人のものという意識があるため、残念ながら亡くなるとすぐに退出しなければならないのがルールです。...

  • 基本知識

    • 従来の葬儀では、通夜から始まり告別式及び初七日まで全て別の日に行われていました。現代では友人や職場の人、近所の人が参列する盛大なお葬式よりも、近い親族だけで行う家族葬が主流になっています。...

  • 皆が知りたい情報

    • 自分がいつ死んでもいいように、自分のお葬式の準備はしっかりしておきたいという人は多いです。しかし、葬儀の準備をする、家族が亡くなった時のことを考えて用意周到に備えておくというのは、縁起でもないことと考える人も多くいます。...

  • 身に付けたい知識

    • 仏式のお葬式には焼香が付きものです。何度、お葬式に参列しても、焼香はどのように行うのが正しい作法かは、迷うものです。...