通信関連で無線LANの選び方には注意が必要です

無線LAN機器は家庭や会社などの通信関連機器として使用されることが一般的になりましたが選び方で重要なのは機器の規格で、通信速度が大きく違ってきます。


無線LANを設定する場合は、回線会社からケーブルを屋内に引き込み回線終端装置とLANケーブルを接続しますが通信関連で必要なのは無線LAN機器の選び方で、使用する端末(パソコンやスマートフォン、タブレット)の台数と広さです。



家庭で使用する場合は、端末の台数も多くて10台程度広さも3階建てまで使用できる機器が発売されていますので、ご自宅で使用する場合の選び方は、広さや端末の台数から対象の無線LAN機器を絞り込みを行い簡単な設定をすれば通信関連機器の設定は終わり、家屋中どこでもインターネットやメールを使う事が出来ます。会社で使用する場合は端末の台数が増えますので、1台の無線LAN機器でカバーする端末台数を5台〜7台程度に決めて機器を選択する選び方を行いますのでこの場合は、専門の会社に依頼して通信関連機器の設定を行います。


家庭と違い機器の設置台数が多くなるため、広さや電波の強さよりも干渉による障害が発生する場合があり、規格を重視して設置と設定を行います。

規格は家庭でも会社でも同じで6つの規格と3種類の周波数帯があり、それぞれ通信速度と広さにより使い分ける必要が有ります。



家庭用では市販されている機器で簡単に設定することが出来ますのであまり気にする必要は有りませんが、会社で使用する場合には専門のシステムベンダーに相談することをお勧め致します。