無線LANの通信関連機器の適切な選び方

インターネットの普及は通信関連業界だけでなくさまざまな業界に影響を与えました。

従来ならば、電話回線を用いた低速で容量の限られた通信関連機器品存在しなかったため、データーのやり取りに限界があり動画や大容量のファイルの送受信は不可能でした。関連した商取引にもその影響は及んでいて、他の通信関連の手法を用いてやり取りをしていました。

光ファイバーのインフラ整備によって、ブロードバンド回線が国内の隅々にまで広がることとなり、高速のインターネットを売りとしたプロバイダーの価格競争の激化によって、接続料金の低価格化が進みました。



加えて、携帯電話会社の通信関連環境の整備と会社間の競争により、高速の4G回線が安価で手に入ることが可能になるだけでなく、高性能なスマートホンやタブレット端末の入手もできます。

これらの通信関連環境の恩恵で、オフィスと家庭では光ファイバーで、移動中や屋外では4G回線で、高速インターネットの常時接続が実現しました。



オフィスと家庭内では、ブロードバンドルーターからの信号を有線や無線LANで、パソコンやデバイスへ分配します。

選び方はユーザーに委ねられますが、デスクトップパソコンでは有線で、スマートホンやノートパソコンやタブレット端末では無線LANという選び方が主流です。



双方共に高速で安定した送受信ができる方式と機器の選び方が求められ、有線LANでは1000Mbps以上の速度で、無線LANであるのならば5GHz帯域の周波数の電波を用いることが適切な選び方です。