• お葬式での焼香の作法とマナー

    仏式のお葬式には焼香が付きものです。何度、お葬式に参列しても、焼香はどのように行うのが正しい作法かは、迷うものです。

    葬式情報を厳選して紹介します。

    焼香に向かう時には、参列者、遺族、僧侶に一礼し、焼香を行い、再び遺族、僧侶、参列者に一礼して席に戻ります。

    この一礼は仏教の作法と言うより、マナーです。

    先のマナーは見よう見まねで行えても、肝心の焼香の正しい作法について、迷いが残るのです。これは参列者が、それぞれ少し違った作法で焼香を上げる事が多いからです。
    多くの人は抹香をつまんで目の高さまで押し頂き、その後に焼香をくべる動作を行いますが、その回数も3回であったり、2回であったりまちまちで、その為どうするのが正しいのか、迷いが拭い去れないのです。


    この作法は、宗派によって異なり、抹香を目の高さに押し頂き、くべる動作は1回が正しかったり、2回が正しかったりまちまちなのです。
    3回する宗派は珍しいと言えます。
    また、浄土真宗ではつまんだ抹香を目の高さまで押し頂かず、つまんでそのままくべるのが作法で、投げ入れ焼香と呼ばれています。

    T-SITE情報が満載です。

    回数も浄土真宗大谷派と本願寺派では少し違います。



    この様に、宗派によって作法が少しずつ違う為、参列者によってまちまちとなっているのです。

    またその葬式の宗派が分かっても、それぞれの宗派の正しい作法を覚えて置く事は不可能です。

    結論的には、まごころを込めて自分の家の宗派の作法で焼香を行っても何の問題もありません。
    しかし、宗派に配慮するなら、浄土真宗は投げ入れ焼香を、他の宗派なら一般的な焼香の形で、回数は1回とすれば無難と言えます。宗教家でない私達に取っては、正しい作法を気にするより、真心を込めて故人を送る焼香を行えば良いと言えるのです。